Get the look! -横浜の家- Part 2 ( Living Room )

横浜の家 リビング

こんにちは。
 
昨年アメリカのDesign Campで、様々なインテリアデザイナーに出会い、彼女たちがSNSやブログで”Get the look”と称して、プロジェクトで使った素材や家具等をSHARE(=共有)し、インテリア業界が底上げされている状況に驚きました。
弊社も微力ではありますが、物件を通して検討を重ねて選んできた素材や家具を、一般の皆さんにもSNSやblogで共有し、少しでも家づくりのお役に立てたらと考えております。

 
2回目は、この春お引き渡しした、「横浜の家」のリビングルームです。SHAREしたいことが沢山あるので、何回かに分けてご紹介して参ります。
 

*1回目は⇒こちら

<リビング:高級感のあるデコレーション暖炉>

横浜の家 マントルピースとTV_utide blog

横浜の家 マントルピース_utide blog

 

暖炉をインテリアのアクセントとしてリビング中央に配置しました。暖をとるためだけだけでなく、キャンドルや装飾品を置く場所として海外では暖炉をつくることが少なくありません。今回はアメリカで有名なインテリアコーディネートを行うShea McGeeの様な家を作りたいとのご要望から、装飾的な位置付けで暖炉を作りました。

暖炉周辺で使っているタイルはアイコットリョーワのクラシック・ネクスト。きれいにタイルが貼れる様に、タイル割りに合わせて暖炉の大きさを検討したり、コーナー部分は焼き物を作りきれいに仕上げています。

 

マントルピースに使用したタイル_utide blog

 

<注文住宅の窓ならではのカーテン>

吹き抜けの場合、上下のシェードにするか、二層分の長いカーテンにするか迷われますよね。今回は窓の大きさや位置まで弊社で検討したので、建築当初から二層分の長いカーテンをイメージしていました。吹き抜け上部のシェード(レース)は電動、カーテン(ドレープ)は開ける時はタッセルでまとめ、閉める時はタッセルを外すだけとしています。

 

横浜の家 吹き抜けと天井から吊るしたカーテン_utide blog

横浜の家 カーテン_utide blog

 

<ブロンズのカラーとサイズが印象的なペンダントライト>

ペンダント照明やブラケット照明はアメリカからお客様が個人輸入しています。今回はペンダントが直径1.4m以上あったので、施工当初から設置場所を決め、天井に下地を入れ、電線も出して準備しました。足場がある間に設置をしたいので、他家具より一足先にご納品。軒先渡しだったので、現場監督含め4人でお手伝い頂き室内へ。一度つけたら高さ調整するのは至難の技なので、電気屋さんとどのロッドを使うかをメジャーで実測しながら検討しました。そして、電球やガラスカバーは足場が外れてから設置し最終確認と、かなり設置までは大変なプロセスでした。

 

横浜の家 大きなペンダント照明_utide blog

横浜の家 大きなペンダント照明 施工中写真1_utide blog

横浜の家 大きなペンダント照明 施工中写真2_utide blog

 

<無垢の真鍮で作られた透明なガラス素材のブラケットライト>

ブラケットライトは装飾的な意味が多いので、私は視野にブラケットが入るよう、床から1700を基本にしているのです。しかし、空間の広さや周りの状況によって印象が変わってしまうので、実寸大で印刷した紙を用いて、高さを現地で実測しながら決めています。

 

リビングブラケット照明_utide blog

リビングブラケットシュミレーション

 

<おすすめのインテリアメーカー 大手:Four Hands (Austin,Texas)>

このご自宅では、アメリカでコンテナーを借り、さまざまなメーカーの家具をコンテナーに集めてから船便で日本に送りました。今回その中でも、日本では手に入らないFour Handsの家具を多く入れています。Four HandsはAustin (Texas)にある家具屋さんで、デザインキャンプの際に本社を訪れました。世界中のトレンドを研究しながら、高級感がありながらも手に届く価格で、生産コントロールもしっかりなさっていて、ショールームで実際座り心地を確認し、担当者ともFACE TO FACEで話ができたので、今回安心して輸入をすることができました。納品時の梱包状態もしっかりしていたので、今後も取り入れられたらと思います。

 

(Four Hands 本社)

fourhandsショールーム_utide blog

 

Four Hands 本社訪問の様子

リビングでご提案した以下家具については、一般のみなさんにもお売りできることになったので、是非弊社の⇒”SHOP”をご覧ください。

 

~リビングのインテリア家具商品をご紹介~

Chloe Swivel Chair

このチェアはショールームで見た時から、入れたい!と思っていた家具です。子供と大人が一緒に座れる(眠れる)ぐらいゆったりとした椅子で、本体が簡単に回転します。集い方によって位置が容易に変えられるのが魅力で、タオル生地のようなファブリックに包まれる感覚がとても心地よいです。

 

Chloe Swivel Chair

Hampton Cover Sofa

全体がカバーリングされているソファです。赤ちゃんがいらっしゃるご家族だったので、カバーが取り外しできるタイプを探していました。奥行きがたっぷりあり、包み込む様な座り心地が魅力です。

Mustard Lounge Chair

ダイニングから背中がみえるので、背中がきれいにデザインされているアームチェアを選びました。今回のインテリアでは照明やサイドテーブル同様にブロンズがアクセントになっているアームチェア。マスタードイエローより少し柔らかい色目のベルベットがとっても素敵です。

Mustard Lounge Chair

Sophie Iron End Table

Arizona Black Solid Wood End Table

リビングルームは全体を白からベージュのグラデーションでまとめ、その中にブロンズや黒をアクセントに加えています。サイドテーブルもブロンズ・黒系で探したのですが、一つは手作り感がある木の塊のサイドテーブル、そしてもう一つは軽くて動かしやすいブロンズのサイドテーブルにしました。両方揃えるよりもあえて別テイストのサイドテーブルを組み合わせることで遊び心を出し、同じブロンズ色系統にすることで統一感は保っています。

サイドテーブル

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

Design Sources】

暖炉タイル:クラシック・ネクスト KSN227 RQ101 / アイコットリョーワ
https://www.icryowa.com/products/brick/p2704/

フローリング:ホワイトオーク3層ブラシBC(UVクリア塗装) / オネスト・アンド・パートナーズ
https://www.honest-p.com/products/p4529/
 
壁紙:TH32206(旧 SGA-615) / サンゲツ
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/TH32206/

ドレープカーテン:FT6101 / 川島織物セルコン
https://www.kawashimaselkon.co.jp/search/curtain/detail/FT6101

レースカーテン:AC2597(旧 AC5638) / サンゲツ
https://www.sangetsu.co.jp/product/detail/AC2597/

ソファ:Hampton Cover Sofa(online shop)

https://shop.utide.com/products/hampton-cover-sofa

アームチェア(回転):Chloe Swivel Chair(online shop)

https://shop.utide.com/products/chloe-swivel-chair

 

ラウンジチェア:Mustard Lounge Chair(online shop)

https://shop.utide.com/products/mustard-lounge-chair

 

サイドテーブル1:Sophie Iron End Table(online shop)

https://shop.utide.com/products/sophie-iron-end-table

 

サイドテーブル2:Arizona Black Solid Wood End Table(online shop)

https://shop.utide.com/products/arizona-black-solid-wood-end-table

 

ブラケット:Pauillac Round Chandelier 60” / RH

https://rh.com/us/en/catalog/product/product.jsp?productId=prod18950263&layout=square

ペンダント:Lambeth Knurled Grand Sconce / RH
https://rh.com/us/en/catalog/product/product.jsp?productId=prod6430566&layout=square

 

LET’S
WORK TOGETHER

We’re always delighted to discuss new collaborations.
Let us help you turn your
dreams into reality.