こだわりの注文戸建・マンションリノベーションで「もっと気軽に暮らしの中にアートを!」

家を作らせていただく際に、必ず検討するのはアートの配置です。
アートが来る場所にはスイッチやコンセントが来ない様に弱電計画し、照明が当たる様に照明計画をするため、工事の始めに配置を決める必要があります。

 

<アートをインテリアの中に取り入れる方法>

 

アートをお持ちのお客様の場合は、デザイン当初から「アートリスト」を作り、展開図にアートの画像を大きさに合わせて配置します。

展開図におとしたアートの位置
麻布の家 TV収納とアート_utide blog

アートをお持ちでない方の場合は、ギャラリーを回ってアートをお選びしたり、お客様のご希望を伺いゼロから作っていただく場合もあります。

以下は、ASENDADAさんでみつけたアート。

いくつかある原画の中からお客様にお選びいただきました。

 

ASENDADAさん🔗↓

https://www.asendada.com/

アートピースの飾り方

以下は山田茂さんにお願いしてオリジナルで作っていただいたアート。

ダイニングの壁に3枚連ねて配置する前提で、3人のお子さんそれぞれのお好みや、インテリアの写真をお送りして検討いただきました。

 

画家の山田茂さんInstagram🔗↓

https://www.instagram.com/shigeru.55?igsh=ejE1ejZ2MzZpY2s=

山田茂さんのアート(お子さんをイメージしたアート

また、アートはお持ちでもフレームが新居のイメージと違うという方もいらっしゃいませんか?

その場合は額装屋さんでフレームを交換ができます。以下もお持ちのアートのフレームを、新しいインテリアに合わせて、新たに作らせて頂きました。

ご夫妻が新婚時代に購入された思い出深いアートとお聞きし、少し太めの黒いフレームに変え、寝室に飾らせていただきました。

思い出のアートを額装してリニューアル
額装したアート

 

<アートを飾る方法>

 

アートを飾る場合、アート壁にビスを直打ちすることをお勧めしています。

ピクチャーレールを使うとピアノ線が見えてしまうからです。

どうしても、ピクチャーレールをお使いなることを希望される場合は、ピクチャーレールを天井の中に埋め込む様にしています。

 

<アートを気軽に>

 

アートは高価なものと考えるからこそ、なかなか選べない方も多いかと思います。

ですが、写真やポストカードをフレームに入れるだけでアートになりますので、是非気軽にアートを飾ってみてくださいね。

写真やポストカードをフレームに入れるだけでアート

LET’S
WORK TOGETHER

We’re always delighted to discuss new collaborations.
Let us help you turn your
dreams into reality.